良いアパート、マンションの条件。

駅至近、日当り、築浅、etc・・。


テレビを見て驚きました。

荒れ狂うリストラ旋風地域での良い物件とは、

日当りなんか二の次三の次。

古くったって構わないう。

とにかくとにかく安い家賃の物件が人気。


冒頭の良い物件の条件は、

順調な、安定した収入、という裏づけのある人々にとっての良い物件でした。


業者である私は、

経済的に恵まれている階層に好まれる物件を「良い」と思い込んでいました。

恵まれた人が大多数をしめていれば問題なし。

でも、逆転したらどうなる?

この発見、結構ショック!


そういえば、

賞味期限スレスレの食料を低価格で提供しているお店。

賞味期限のとっくに切れた食料を、

その事実を告げて、

店主が試食試飲してから、超破格値で提供しているお店。

共通しているのは、

「もったいない」という日本の文化。




我が妻も同じ。

賞味、消費期限は全く気にしません。

「お父さん、私の舌と眼が決めるから。」

一昨晩は、湯豆腐、でした。

老夫婦で「美味しいねえ。」

でも、私は知っていたのです。

パック入り開封前でしたが、この豆腐の賞味期限は3週間前ということを。


一句。

「我が夫婦、賞味も消費も期限切れ。」