裁判所の不動産競売物件・(物件調査・入札・明渡交渉・強制執行などの詳しいお話)・足と汗で掴んだ実践ノウハウです。


専門書には書かれていない、エンドユーザーの為の実践の知識・知恵・気配り、事務手続など、お話しています。

主に初心者の方対象のブログです。
競売以外の気楽なお話、人生模様も少々・・。
                    

2016年02月

クイズですーーーその2(引渡命令の申立人について)


前回のブログクイズの、問題「5」に関連した記事です。



今日の問題は、初心者の方には、難問です。

ただ、覚えておくと良いと思いますので・・・・。



以下の場合、誰が引渡命令の申立をすることができますか?



。。。。。。。。。。


競売執行手続きによる不動産の買受人Aは、

当該不動産の売却許可決定が確定した時点で、それをBに転売。

Aの代金納付手続き終了して1ケ月後、Bへの所有権移転登記が完了。

その1ケ月後、Bは、Cに再転売。

契約締結して、3週間後の決済待ち、という状況。

当該不動産には、当該競売手続き上の債務者兼(元)所有者Xが居住しています。

この場合、Xに対する引渡命令の申立ができるのは誰でしょうか?

(時期は、Aの代金納付手続き終了後6ケ月以内です。)


イ、買受人のAだけができます。

ロ、登記簿上の現所有者Bだけができます。

ハ、A、Bともに申立ができます。

但し、Bが申立てる場合は、Bの所有権登記された登記簿謄本の添付が必要です。

ハ、Cも所有権移転登記が終われば、A、Bとともに、申立ができます。

但し、Cの所有権登記された謄本が必要です。


。。。。。。。。。。




回答は以下↓です。











































これは、買受人Aだけが申立をすることができます。
(東京高裁決昭和61、11,15)




競売の基本が学べるホームページ。

大きな損失を防ぐための小さな出費は必要経費!!

クイズです。ーーーその1




今日は、クイズ形式で、ちょっと考えてもらうと嬉しいです。

役にたつような、たたなくぃような・・・雑知識ですが・・・。



次の文章は正しいでしょうか?



。。。。。。。。。。


1、入札書を提出する場合、入札書と住民票(或いは、資格証明)の提出方法は全国どこの裁判所も同じです。


2、特別売却は、一度入札者を募集し、売れ残った物件の売却方法であり、全国どこの裁判所でもおこなわれています。


3、前所有者が滞納していた固定資産税等は、マンションの滞納管理費等と同様、買受人が負担します。


4、引渡命令の申立は、所有者が占有している場合、代金納付手続きを終えた新所有者は、いつでも申立をすることができます。


5、買受人Aは、債務者兼所有者の懇願により、落札物件に対して賃貸借契約を締結して貸しました。2か月後賃料支払いが滞りましたので、賃貸借契約を解除して、「不動産引渡命令の申立」をして強制執行で退去させることができます。


。。。。。。。。。。


どうでしたか。

回答は ↓ ↓ ↓ ↓ です。











































答えはすべて、正しくありませんでした。

1、入札書と住民票を、一緒の封筒にいれるところと、入札書には入札書のみいれて、住民票は添えて提出するところがあります。
入札を郵送で行うときなどは、事前に確認しておきましょう。


2、神戸地裁は違います。


3、取得時年の固定資産税等は、買受人に負担義務はありません。


4、申立期間は、代金納付時から6ケ月以内です。


5、一度、占有を許していますので、引渡命令の申立はできません。






競売の基本が学べるホームページ。

大きな損失を防ぐための小さな出費は必要経費!!
ランキング参加中です。

人気ブログランキングへ


 ↑  ↑  ↑  ↑

ここにマウスをポン!!

押して貰うと感謝です。
最新記事
いらっしゃいませ!
ご訪問、感謝致します。


このブログは、
初めて競売物件に
興味・関心を持った方が
失敗・損をしないよう、
願いを込めながら、
真剣につくってます。

管理人の、
おせっかいと取越苦労、
そのお話を詰込みました。

競売絡みの感想,
感動したお話、
普通の日記・・等々

誰にも、もっと分りやすく、

を念頭にお話していきます。


ただし、あくまで、
管理人の経験と私見です。
ひとつの参考として、
覘いて下さい。



是非、又お越し下さい。
お待ち致しております。

ありがとうございました。

管理人 千葉 重雄



記事検索
コメント欄での広告お断り。
この欄での、

広告宣伝はお断り致します。

掲載は致しません。

悪しからずご了承下さい。
コメント、ありがとうございます。。
非公開、管理人へのメッセージ
管理人の考え方


chiba30

慎重にして慎重。
細心にして細心。

小心と言う人がいます。
若い頃はちょっと不愉快。

今は、
「小心」大いに結構。

猪突猛進は、大怪我のもと。
下手をしたら、命とり。
競売には「小心」が一番。

この頃、
自分が選んだのではなく、
神様がくれたこの性格に
心から感謝しています。

本当にありがとう!!

http://www.keibai.co.jp



管理人のこと


管理人 千葉 重雄 

トラブル嫌いです。

トラブルどんと来い、
そういう強気の業者さん、
たいてい
いつの間にか
姿を見せなくなってます。

無事故をめざしつつ、
慎重に、慎重に
約40年近く競売業務に従事。
でも、
多少のトラブルを経験しました。
残念ながら!!!

不動産コンサルテイングマスター
(5)第14994号

宅地建物取引士
(東京)第016382号

042-748-1876
e224@nifty.com


全国裁判所情報
とても嬉しいです。

このグロブが、学研の

最新人気ブログランキング200

に取り上げて頂きました。

嬉しいです。
感謝でいっぱいです。

ありがとうございます。


ご協力に感謝・感謝です。
  • ライブドアブログ