今日は、とても面白い小冊子を見つけました。

「ツキを呼ぶ魔法の言葉」です。

これは、是非、お勧めです。

著者は、工学博士の五日市 剛さん。

勿論、面識はありません。

いつもニコニコ。

宝くじが良くあたります。

あたった、サラリーマンの年収をはるかに越えるお金は、そっくり寄付(複数回)。

メチャクチャつきまくっている人が、つきまくる「言葉」を教えています。



この小冊子(¥400円)は、隠れたベストセラーです。

私も、今日3冊注文しました。


今日は、このページを紹介させ頂けた事だけでも、

このブログをたちあげた甲斐があるかも、・・・、知れません。



「ありがとう。」

「感謝します。」




あの世に行く前に、この言葉の使い方を教えていただいて、心から感謝致します。

昨年、還暦を迎えてから、とにかく、自分でも驚くほどの、知識吸収欲が出ています。

しかも、貪欲です。

理由は自分ではわかりません。

楽しいのです、読書は。

バブル最盛の頃の風俗店「クラブ」の面白さとは、なにか質が違うようです。

「クラブ」関係者の方、すみません。

決して、非難している訳ではありません。

あの節は、本当に本当にお世話になりました。

(但し、決してお世話はしておりません、妻の為にも断言いたします。)

何故か::::汗::::。


追記:平成25年8月8日

「クラブ」とは、今なら高級な「キャバクラ」、という感じです。