ここ2年近く、毎日朝、ジョギングをしています。
コースはいろいろで、4km、約35分間。

今日は日曜日なので、8時スタート。

走ります。

そして、帰路、もうすぐ我家。

バス通にニッサンの販売所があり、隣りが、グーンと落ち込んで遊歩道があります。
奥の小さな「きづき公園」まで階段状で、約100m以上?続いています。
雰囲気は、(行ったことはありませんが)熊野古道の超ミニチュアサイズ、という感じ?
片側が林で、片側は、深堀川という、やはりミニチュアサイズの小川。

遊歩道を抜けて、奥の公園を通って帰ろう。

一歩、遊歩道にはいると、気分は途端に森林浴。

遊歩道の入り口を、箒をたてて掃除をしている中年の男性。
挨拶して進むと、出口には若い男性が、やはり掃除をしています。
共に、普通の服装。

立ち止まって、

「市の職員の方ですか。」


「いえ、隣りのニッサンです。」

ちょっと驚きました。
2人の男性の作業姿は、バス通からは全く見えません。

宣伝、PR効果はゼロ。
(即、このような発想をする私の商業的汚染濃度は結構高得点!)

遊歩道と、ニッサンの敷地の間は、高い高い塀で仕切られています。
お掃除の効果は、ニッサンのPRには全く無関係。

利益追求1本やりではなく、周囲の環境を大切にする気遣い。

へえ〜〜〜、なんだか嬉しくなりました。

アッ、言っておきますが、私はニッサンの「まわしもの」ではありません。

私の愛車がサニーというだけの関係です。