今は昔。

中小企業の社長の依頼で、一戸建を落札。

占有者の内縁の夫は服役中。

もう直ぐ出所。

占有者の女性は、任意話し合いには応じません。

強制執行の断行。

搬出した家財は、依頼者の工場の隅に保管されました。

暫くして、内縁の夫等が家財を引き取りに来ました。

肩怒らせて、相当に凄んだようです。

しかし、そこの社長はすましたもの。

保管場所に案内しました。

保管場所の壁には、ズラリあるものがぶら下がっていました。

それを見た瞬間、チョウ元気な連中は、チョウ大人しくなってしまいました。


彼等は何を見たのでしょう。


○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


なんと、ズラリぶら下がっていたものは、本物の手錠でした。

依頼者は、手錠製造会社の社長でした。

警察とは、ツーカーでしょう。


最初は威張っていたよ。

これ(手錠)をみた瞬間、顔色をかえてね。

みんな、これにはお世話になってるようだったよ。

でもさあ、複雑な気持だねえ。

あういう連中は、大切なお客様。

うちの売上を支えてくれているんだ。

うちの売上の動向?

簡単だよ。

検挙率に正比例。

最近は、売上が落ちてきたよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・

◎◎◎逮捕される前にお願いです。◎◎◎

読後感の印象はどうですか?
blogランキングに参加しています。

ここを→クリック←チョンと押して頂けますと、管理人は逮捕されなくてすむかも知れません。

宜しくお願い致します。