首都圏は、建物数の供給が、需要を上回っています。

収益用物件を購入しますと同時に家賃も入って来るものだと思い込むのは、やめましょう。

どんな場所でも、購入すれば家賃が入ってくる、という時代はとっくに終っています。

じゃあ、賃貸物件はもう採算が合わないのでしょうか・

とんでもありません。

物件を厳選すれば、これからも需要はあります。

必要とされる場所に、必要とされる条件を兼ね備えた物件を選択すれば良いのです。

1Rマンションに限定して、管理人が無責任に感覚的に、これからも必要とされる物件の合格基準の目安を列挙してみます。

以下の条件を全て満足させる物件はありません。

○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○


その地域性を考慮して、検討されて下さい。

 ◆ΑΡ愿綿癸喫以内。
◆◆Αα澗里鮓た感じが汚れていない。
、・・管理形態がしっかりしている。
 (イ)、全戸1Rではなく、フアミリータイプがあり、そこに所有者が居住している。
 (ロ)、全戸1Rの場合、管理人が常住している。
ぁ◆Α床面積が20岼幣紂(地域により別)
ァ◆ΑΕ┘譽戞璽拭疾瀏があること。
Α◆Αα躙与瑤できるだけ多いこと、(できれば50戸以上。)
А◆Αγ枅数が10年以内。(地域により別)
─◆ΑΕ灰鵐咼砲数分以内にある。
、・・マンション入り口に並ぶ入居者用ポストが綺麗で、空部屋が少ない。
、・・バス、トイレが別(地域により別)。
、・・私鉄沿線の場合、急行停車駅(郊外の場合)。

以上が全てではないでしょう。

それでも、これらの全ての条件がそろっている物件は殆どないでしょう。

できれば、半分以上は合っていると良いのですが・・。



競売物件の場合、安い、という観点で検討される方が多いです。

管理人の観点も、当然そうです。

但し、若干別の観点も持っています。

滅多に売り物が出ない地域のマンションが出る場合があります。

狙い目です。

これは、普段から市場をみていませんと分かりません。

これは、相場(に近い価額)でも取得するようにアドバイスさせて頂いています。

長期的に賃料収入が得られる可能性が非常に高いからです。

あまり目先の利回りだけを重視する行為は如何なものでしょう。

専門書にあります、利回り計算の場合のリスク率は、時代の変遷を考慮しているのでしょうか。



◎◎◎最後にお願いです。◎◎◎

読後感の印象はどうですか?
blogランキングに参加しています。

ここ→クリック←ポコンと押して頂けますと、とても嬉しいのです。

管理人をクリック数でおだてて、その内、全部吐き出させましょう。

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎