友人の業者が遊びに来ました。

会話の内容が、アパート、マンションになりました。

小田急線(相模大野駅とその周辺の駅)も、ちょっと駅から離れていたり、古い物件は空いたままです。

貸す側の計算で建てられて、借りる立場を考慮せぜ、経済効率重視の物件に空き室が多い、という事です。

彼は、数年前、都内に女性専用のワンルーム・ミニマンションを設計して建てました。

まず、

セキリュテイを絶対重視。
バストイレ別は当然。
タップリ広め。
高い天井。
キッチン設備は普通サイズ。
壁紙なんかも高いのを使用しました。

家賃は、相場より、ギリギリに抑えても1万円ちょっと高くなりました。

が、いける、という自信はあったようです。

近所の業者は皆、高い、と笑ったそうです。

借り手は何組も付きました。

皆、キャリアウーマンです。

年収は凄く、家賃の高低よりも、設備・間取りが気に入っていました。

この間、契約更新です。

借り手曰く、こういうワンルームは他にないので、満足しています。


これからの賃貸アパート、マンションは、分譲マンション以上の設備等をそなえませんと、地域にもよりますが、徐々に徐々にスラム化していく可能性が高い、というのが、彼の意見でした。

ひとつの見識でしょう。

とにかく、住まいは余っています。

しかし、これからもドンドン供給され続けていく確率は高いでしょう。

従来の発想を大きく転換しないと、大変です。

目先の利回りを追うのが一番危険。

収益用物件を1棟購入しますと、それだけで満室としての賃料収入が入ってくると錯覚してしまいがちな傾向があります。

突然収益が半分あるいはそれ以下に落ち込む、という事態は、アチコチで見られます。

Kさんの話は、いろんなアイデアいっぱいです。

畑違いの私には、驚きと楽しさのひととき。

私は、ただ、へえ〜〜、へえ〜〜と息を大きく吐くばかり。


Kさん、貴重なお話、心から感謝致します。

これからもいろいろと教えて下さい。

私は口が堅いです。

聞いた事は、これっぽっちも洩らしたりは致しま・・せ・・ん・・か・・な?。。。。

このブログで、ほんのさわりを公開する以外は・・。



最後にお願いです。


読後感の印象はどうですか?

blogランキングに参加しています。

Kさんの考え方は、これからの賃貸市場に生き抜く為の主流の方法かな、と思いつつ→ここをクリック←ポンッと押していただけます事を期待しています。

宜しくお願い申し上げます。