・・自宅競売、その時妻は・・



夫が保証人(自宅を担保提供)となった会社が倒産。

競売となリました。

私が落札。

明渡しの交渉です。

ご夫婦は、50歳代後半の感じ。

子供たちはそれぞれ、結婚して独立しています。

婦人曰く

『夫の人の良さを利用した人間の為に、夫婦で築いた家庭の幸せを壊されてたまるものですか。

夫は何も悪い事はしていません。

騙すより騙される方がいいです。

このピンチは夫と二人で乗り切ります。

子供たちも応援してくれていますし。』

婦人は、明るく軽く言い放ちました。

面談の間、夫は沈思黙考。

そして、立退料をもらうと、古いアパートに移って行きました。

。。。。。。。。。。




このご婦人の態度、

いやいや、ご婦人がこのような態度を選択する夫婦愛。





。。。。。。。。。。


このご夫婦の生き方。

お子さま(といっても成人ですが)達の未来の生き方に対する、

・・・・・最高のプレゼント・・・・・かな。









会員制について

姉妹編HP