会員のI様が事務所にきました。

裁判所で、3点セット以外の資料のコピーをお願いしていました。

その資料を持参してもらいました。

「代金納付期限通知」も来ています。

賃貸借契約書のコピーを見ます。

賃借人に電話するも出ません。

青森にいる、保証人のお母さんに電話。

出ました。

こんど、Iさんが貸主となること、今の状態で賃貸借契約を継続したい旨を伝えます。

「なんか息子が、部屋を変わりたいといます。Y国大に通うのが不便というのです。」

「仲介業者さんから連絡が行きますので、その辺を含めてお話をして下さい。」

Iさんには、至急物件近くの業者さんを選定するようにお願いしました。


同時に、資料上判明した所有者の住所に手紙。

鍵と管理規約を渡して欲しい旨を記載しました。


代金納付に関する打ち合わせをします。

納付時提出する書類の取得方法をコンサル。


マンションの管理会社の連絡も、お願いしました。

所有者の変更申請、滞納管理費の支払等をしてもらいます。


IさんはSコース会員様で、ご自身で一切を行ないます。

代行手数料は発生しません。

勿論、困らないようアドバイスは充分にさせて頂きます。


所有者から連絡状況、その後のIさんの行動につきましては、次回この項の最終回で。



会員制について

姉妹編HP