2日前の土曜日夕方、私鉄沿線の駅で会員のMさんと待ち合わせ。

収益用マンションの下見です。

Mさん曰く

「僕が、良いなあ、と感じるかどうかを大切にしています。」

その感覚は、私も大賛成。

    自分の感覚>販売業者の説明+説得

物件までにコンビニを発見。

若い人対象のアパート、マンションに、コンビニは必須事項。

物件到着。

土曜日で、管理人さんは、午前中のみ。

午後は、管理人室は閉まっています。

オートロックです。

暫く立ち話。

その内、住人がきました。

そのあとから進入。

物件のドア前まで行けました。

内部を見ておくのも、大切です。

Mさん、物件は気に入ったようです。

近くのファミレスで打合せ。


私の中で、ひとつの基準があります。

 △匹Δ靴討蘯茲蠅燭な件。

◆¬詰しない範囲で、取りたい物件。

、取れれば取りたい物件。

但し、あくまで、予算の範囲内。

その意味では、3つとも「無理をしない」という事になりますが・・。


この物件はどの範疇にはいるかなあ。

(物件を見た瞬間区分はできていますが、ここでは秘密。)


打合せの最後に、入札書一式を数部渡しました。

Mさんの家は遠方で、いつも郵送での入札です。

最終的な入札価格は、あとで聞きます。

Mさんの物件選びの感覚は、いろんな点で、私とほぼ同じ。

安心できます。

さあ、あとは、落札できることを祈るだけです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


このMさん、非常に珍しい考え方、生き方をしています。

私のように、

「長いものにはすすんで巻かれます。

ひたすら権力者のご機嫌をとります。

権力者がかわれば、そちらに絶対服従致します。」

そして「保身を計る」という生き方の発想は、Mさんには全くありません。

戦時中に生きていれば、堂々と「戦争反対」を主張。

「非国民」のレッテルで、獄中で拷問でしょう。

会社の不正、或は不合理のことには、自己保身、というブレーキが全くきかなくなる異常(スミマセン)体質(?)。

不正、不合理に対して、アクセルいっぱいの踏み込み。

車ごと、突っ込んでしまうようです。

いづれ、機会があれば、「その生き様」を簡単に紹介させて頂きます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


会員制について

姉妹編HP