私の事務所の扉は、ガラガラ開ける引き戸です。

以前は建付けが非常に悪くて、スムーズに開きません。

スイッチバック方式で、何回か開け閉めを繰り返して、やっと開きます。

本当に、もうッ、といつも腹立たしく思っていました。

私は、結構、大雑把な性格です。

どうせ、来客なんかない、と、ほっておきました。

自分が気をつければ良いのですから。

ある時、滅多にない来客がありました。

変な占有者のいる物件を落札しましたあとです。

元気の良いお兄さんが数名、占有者からの依頼で、来たことがあります。

ガラス戸をサっと開けて、肩で風を切って、カッコ良く入ってくる予定?・・のようでした。

ところが、そう簡単には開きません。

怖い顔が怪訝な表情になって、ガタガタ戸を揺らして、音を鳴らしています。

勢いが削がれたようです。

開けるコツなんか教えてや〜らない!

この時は、建付けの悪い扉を直さなかった大家さんに大変感謝致しました。

(これも、法改正前の古いお話です。)

その後の展開ですか。

まあ、止しときましょう。



会員制について

姉妹編HP