昨日、横浜地裁相模原支部の開札期日。

10時から、開札開始。

発表までの約1時間位、皆さんの懸命な開封作業。

一生懸命やっています。

でも、傍聴人は、じっとその作業を眺めているだけ。

いつも思います。

なんで、東京地裁のスタイルをマネしないのかなあ。

9時から、開札作業開始。

発表を11時として、その時間に行けば、スムーズに結果を聞けます。

。。。。。。。

なんせ、入札した物件がすべて落選。

1件でも当選していれば、こんな文句はでませんが・・。

こんなことで“八つ当たり”している、情けない私でした。

。。。。。。。


開札結果は、FAXで取り寄せできます。

それは、入札件数と落札金額だけが記載。

実際に発表を見て、聞いて、何かが伝わってきます。

何かは、自分でも分かりません。

ただ、その積み重ねが、これからの流れを考えるときの下地になっているような気がしています。


会員制について

姉妹編HP