GWは、妻の故郷、福島県いわき市に行ってきました。

いわき市の面積は、市では全国NO,2です。

とにかく広い。

市内ドライブ。

郊外には、全国規模の有名店、安売店がテンコ盛り。

どこの駐車場も大盛況。

駅周辺商店街は、寂し〜〜〜〜〜〜〜い限り。

驚いたのは、短時間のドライブ中、

「売地」、「売物件」の看板を4件見つけました。

「住宅地」、「幹線道路の事業用地」、「海の家風別荘」等々。

10ケ月前には、見られない現象です。

この現象をよ〜〜〜く考えて、これからに活かさなくては・・。

例えば、今の私の感覚では、駅から近い物件を「良し」とします。


何でも駅中心で良いのかなあ。

これは、以前からの漠然とした疑問点。

高齢者が増えれば、

・・・・・・・・

有名病院、

観光地、

趣味の本山、

特定宗教本山、

一大ショッピングセンター、

・・・・・・・

駅の代わりのポイントが多岐にわたってもおかしくない筈。

まッ、よくよく現実を見つめる必要があるようです。





会員制について

姉妹編HP