売却許可決定期日について


三点セットの表紙は、

大抵は、「期間入札の公告」となっています。

その下に、

「入札期間」、「開札期日」、「売却決定期日」、が記されています。


「開札期日」にトップ当選した入札者は、

「最高価買受申出人」とよばれます。

裁判所は、最高価買受申出人に対して、

それまでの手続、

その他、法が定める規定での、一定の審査をします。

問題がなければ、

最高価買受申出人に対して、

「売却許可決定」が言い渡されます。

開札期日のトップ当選が、「契約の申込」とすれば、

「売却許可決定」の言渡しは、

「契約の承諾」といえます。

この時点で、

「最高価買受申出人」は、「買受人」となります。

(但し、売却許可決定が確定して「買受人」と呼ぶべき、という説あり。)

「売却許可決定」は、手続上の一つの節目です。

実務上では、大半が許可されています。

その詳細は、物件ごとに公開されます。

これは電話でも教えてくれます。

もし、コピ−を必要とする場合でしたら、

「売却決定期日」欄に記載された日時に、

裁判所記録閲覧室に行ってください。


裁判所の記録閲覧室で、

「売却許可決定」と記載された冊子が据え置かれています。

そこには、事件番号ごとに、落札者の住所・氏名・落札価額が記載されています。


コピーを必要とする場合とは、



・・銀行に提出、

・・売買契約締結の際の証明資料、

・・開錠技術者(鍵屋さん)に提示して開錠してもらう場合、・・・・

などがあります。

コピーじゃあダメ、という場合は、

売却許可決定の謄本を貰ってください。

「謄本交付申請」すれば良いです。

書式は教えてくれます。

決して難しくはありません。

コピーした、売却許可決定の数枚の綴りの最後に、

「これは謄本である」

という文言の記載された書類が1枚重ねられ、

裁判所書記官の氏名、印が押されています。

権威ある「公文書」となります。











その気になれば、代行費用の大幅節約ができるかも。
会員制について(短期間に知識吸収)




姉妹編HP