競売物件購入にかかわる経費と感想を管理人なりにまとめました。

1、居住者を立ち退かせる費用。
2、マンション・・滞納管理費・積立金・駐車場料等一切
3、利回り目的のアパート、マンション、ビ ル等の場合
4、借地権付建物の場合
5、万一トラブル発生の場合の訴訟費用
6、あとは、通常の中古物件購入にかかる諸経費です。
7、競売物件は、想定外の費用が発生する場合があります。
8、雑費


大体、経費としてかかるのは、以上の項目です。

今日は、

5、万一トラブル発生の場合の訴訟費用

につきまして、お話させて頂きます。

。。。。。。

「競売物件にトラブルはつきもの」

これは、熟年の方の素直な印象かも知れません。

どんなトラブルなのでしょう。

多くの方が持っているのは、

誰かに文句をつけられるかもしれない、

突然、ヤクザがでてきたら怖いなあ、

漠然とした不安をイメージ化しているように思えます。

実際は、

「案ずるよりも産むが易し」

普通の個人が購入できる予算の範囲内の物件では、滅多に起こりません。

怪しげな物件は、最初から手を出さない事です。

多いのは、

「住んでいる人が居座ったらどうしよう。」

所有者が住んでいる限り、居座ることはできません。

そんなことを認めたら、競売物件を買う人がいなくなります。

強制執行という最終手段があります。

一般の方は、「強制執行」といいますと、凄いトラブルのように感じるようです。

業者は、事務手続きの一環と思っています。

ただ、時間とお金がかかる、という欠点があります。

かかった費用は、本来居住者の負担ですが、お金がありません。

買受人(=落札者)が負担しています。



競売物件を購入して裁判沙汰が起きますと困ります。

時間とお金がかかります。

折角安いからと購入して、一般市場価格よりも高くついては意味がありません。

そんな事態は避けたいものです。

裁判所が、競売参加希望者の為に作成した資料のうち、

物件明細書にも、

注意事項としての記載があります。

事前調査で、しっかりチェックする事が大切です。


どんな事例が裁判になるかは分かりません。

借地権付建物の地主との争いなんかは多いかも知れません。

空家に残置した家財を勝手に処分して損害賠償請求された例もあります。


段々少なくなっていますが、

賃借人が預託した敷金・保証金の額が、物件明細書記載と違う場合があります。

それでの訴訟もあるようです。


いずれにしても、一般の方は、トラブルは嫌います。

入札を考える時、疑問・不安を感じましたら、

代行業者に相談、総合的に検討されるのも一法かもしれません。

物件の見た目の良さに惑わされず、

入札を見送る、という勇気も大切です。