最近、郵便システムについての勉強の必要性を感じています。

競売妨害に、郵便システムを利用する輩がいました。

どんな内容?

その公開は控えます。

真似されると困ります。

徒に競売手続きの引延しを図るテクニックは、以前は「執行抗告」という方法でした。

裁判所の中での方法です。

それは、今も利用されています。

でも、裁判所は「執行抗告」に対しては、しっかり対応しています。

以前ほどの効果はありません。

そこで目に付けたのが郵便方法の悪質利用です。

これで、引延しをします。

それをやられていた友人業者から相談を受けた時、

ハア、そんな方法もあるのか、と驚きました。

私は、受領拒否、という方法位しか知りませんでした。


そのほか、買受人(落札者)にとって、

債務者探しに利用できる方法もあるようです。

とにかく、ちょっと勉強しなければ・・。