この業界で、私が尊敬する大先輩がいます。

窪田徹郎さん、と言います。

私が初めてこの業界に入った時、

既にトップクラスの業者でした。

今、窪田さんは、

不動産競売について、その実績と知識・経験では、

おそらく「日本一」

と、私は確信しています。
(本人は、とんでもない、と即座に否定するでしょうが・・。)


彼が提案しました。


現在の競売の法律「民事執行法」で、

一般人の参加を困難にしている箇所を指摘、

こうすべき、との具体的提案です。

誰でもが気楽に参加できるシステムの構築を目指しています。

詳細は、私のホ−ムページでも紹介させて貰いました。

http://www.keibai.co.jp/kirakunaohanashi/kubotakaiseiiann/index.html

お時間があれば、覘いて見て下さい。

私も勉強させて貰いました。

このブログの左側のパーツ、2番目

「競売の法律を深く理解する」からもリンクしています。

参考になれば、と思います



◎以前、入札書一式を貰うのに、有料の裁判所がありました。

さらに、有料でも、料金がマチマチでした。

◎以前、保証金の振込は、各金融機関備え付けの用紙を使用していました。


この二点の改正案を最高裁に意見具申したのが、窪田さんです。

暫くして、全国のどこの裁判所も、

入札書一式は無料配布となり、

保証金の振込用紙の統一化がなされました。

これで、窪田さんは、最高裁からお礼状を貰っています。