◎桃多郎様のご相談


先日はご丁寧に回答いただき、ありがとうございました。

お蔭様で記念すべき第一回目の入札を無事終えることができました。

結果は惨敗でしたが、いい経験になりました。


今回は持分の見方で質問いたします。

様々な3点セットを見ていると、物件目録で約半数くらいの物件で共有者の持分があることが記載されています。

物件明細書の5で特に持分について記載されていない場合は、その物件全体が競売に掛かっていると判断してもよろしいのでしょうか?


以前に見た物件の中には、買受けても利用できない可能性があるというような特記があったように記憶しています。

色々見ている限りでは、最後の価格の計算の所で持分割合が1になってれば問題ないと勝手に思っていますが、それであっているのでしょうか?

持分の判断方法(見方)を教えてください。

基本中の基本だと思いますが、いつまでも持分という文字を避けたくないので、よろしくお願いいたします。



◎管理人の回答です


落札できず残念ですね。

懲りずに頑張って下さい。


「物件目録」に記載されているのが、売却対象です。

一戸建なら建物とその敷地、マンションなら専有部分について、

複数の所有名義人がおり、

それぞれ持分が記載されている場合、

持分を合計して、その和が「1」であれば、問題はないでしょう。

共有名義人の間柄は、夫婦、親子、兄弟などが多いです。


私道、ボミ置場、マンションの敷地や共有部分の持分は、

普通は、その状態で問題はないでしょう。