町田市の、バブルの頃分譲された高級住宅街の一角。

三点セットによれば、空家。

所有者婦人は数年前に死亡。

家財は残置されています。

気になるのは、所有者の死に方。

これだけは絶対に確認します。

事故(室内で自殺など)物件は避けなければ・・。


私は、空家は色々と情報を集める習性があります。

所有者居住の物件は、玄関だけ見て、

ユーターン、なんて場合が結構ありますが。


。。。。。。。。現地到着。。。。。。。。


近隣での聞き込み開始。

チャイムを押し、用件を告げます。


「ちょっとお待ちください。」


所有者は病死であり、病院で死亡していました。

あまり近所付合いはなく、詳細は分らないようです。

今も、たまに、娘さんが訪れています。

そのほか、色々と街の様子などを聞きます。


話を聞きながら、心が落着いてきましたので、

丁重にお礼をして、調査終了。