◎sakura様のご相談


そこで質問をさせていただきたいのですが、

賃借人(同人の賃借権は滞納処分による差押に後れる)が、

明渡しもしくは強制執行までに占有していた期間の賃料は請求できるかどうかということなのですが。

物件明細書には、買受人が負担することとなる他人の権利「なし」と記載されております。

正直、話の通じない人でもめております。

立場を理解せず、

無茶な要求をしてくるので強制執行も視野に入れているのですが、

時間がかかりそうなので、せめて占有期間の賃料相当分を請求できればと考えております。

よろしくお願いいたします。


◎管理人の回答です。


当然できると思います。

但し、請求しても払わなければ裁判です。

また、占有者は、払ったとしても、

使用損害金という意識はなく、賃料という認識かも知れません。

今以上にゴタゴタするかも知れません。


明渡交渉は色んなやり方、考え方のあるところです。

どれが良いかは、

それぞれの物件で、買受人が方針に基づき判断することです。


以下は、私の交渉の基本です。


私は、代金納付手続き終了後、明渡までの期間に対する

賃料相当額の使用損害金の請求はしたことがありません。

退去して貰う事にポイントを絞っています。


ご質問の場合の占有者は

私でしたら、強制執行で処理します。

強制執行の「催告」までは、

(スムーズに手続きがすすんだとしまして)
引渡命令の申立から約1ケ月位でしょう。

強制執行の断行(家財を搬出)までは、

催告後約1ケ月後です。


相手方が何らかの対抗手段を講じて、

時間稼ぎをしてくるかもしれません。

それも、長くても数か月延びる位でしょう。

大半の業者は、時間的な経過は甘受しています。


それと、交渉の仕方ですが、

あくまで自分の土俵で行います。

そこで、相手の要求のうち、

譲れるものは譲ります。

但し、自分なりの基本的な線は崩しません。

毅然とした態度で臨みますと、

結構良い方向にいく場合が多いようです。


問題は、断行の費用です。

結構高いのです。

でも仕方ありません。


※ご質問の場合、

一日も早く、引渡命令の申立をすることが、

解決へのスタ−ト、と思います。

頑張って下さい。