昨年の、各裁判所の落札件数を調べてみました。

不動産競売情報サイト・BITの「過去データ」の数字を基に作成しました。

「平成22年・全国裁判所の落札件数一覧」として、私のHPに掲載しました。


一番落札総数の多い裁判所は千葉地裁(2527件)、

東京地裁(2252件)を超えていました。

これは意外でした。

マンションは、やはり東京地裁(1423件)が断トツ、

二番手の大阪地裁(820件)を大きく上回っていました。

戸建ては、千葉地裁(1620件)がトップ、二番手が札幌地裁(973件)でした。


データは、イメージと現実を区分します。

見る人の立場(環境)で、様々に展開します。

このデータがどのように展開していくか、

眺めてみるつもりです。