◎猪子さまのご質問

はじめまして。

現在進行形の競売物件で対処が分からなくてご連絡させていただきました。


私の立場は次順位買受人です。

この競売不動産には、空き家で占有者があり、4t車数台分の動産が放置されています。

現在、「売却許可決定」まで終わりました。

しかし、「確定」まだしていない状態です。

にもかかわらず、最高価買受人は本件不動産に1階ベランダから侵入し、10人ほどの便利屋さんと共に1日がかりで動産を持ち去ってしまいました。

警察も来て全て事情聴取しましたが、「所有者である者からの被害届け待ち」とのことで引き上げました。


要は、未だ残代金を納付していないので、他人の不動産に侵入し、他人の動産を勝手に運び出した状態です。


そこで私は、「売却許可決定に対する取消し」を求めようかと考えたのですが、できるでしょうか?

私が思うに、このような法的手続きを無視した行為を前提に入札額を算定している者が、買受人になるのは、他の法的手続きを前提に入札額を算定している者の権利を害する。

見たいな趣旨なのですが如何でしょうか?

ご回答よろしくお願いいたします

◎管理人の回答です。

買受人が、所有者と話合い、承諾を得ての行為かどうかは、分りませんね。

買受人の勝手な行為、としてお話致します。

。。。。。。

手っ取り早い具体的方法は、裁判所の競売係にいって下さい。

物件明細書を作成した書記官に事実を述べます。

そうして、こういう場合、次順位買受(申出?)人として取るべき方法があるか、を聞いてみたら如何でしょうか。
。。。。。。

以下は、管理人の勝手な感想です。
(やはり、買受人の勝手な行為としての感想です。)

まず、猪子さまのご意見はもっともと思います。

所有権を取得していないのに、勝手に建物に侵入して動産類を搬出したのですから、これは、問題です。

ただ、猪子さまが売却許可決定に対して、その取消を求めて執行抗告ができるかどうか、疑問です。

この場合の抗告権者は、実際に被害をうけた所有者(債務者)と思います。


>このような法的手続きを無視した行為を前提に入札額を算定している者が、買受人になるのは、他の法的手続きを前提に入札額を算定している者の権利を害する。

見たいな趣旨なのですが如何でしょうか?


お気持ちは分ります。

でも、難しいかなあ、というのが第一勘です。


詳しい方の意見を求める為、

私のホームページ内の掲示板にご質問を投稿させて頂きます。

回答者は、私が尊敬する窪田さんです。

http://8247.teacup.com/224/bbs

是非参考にされて下さい。