≪ある債務者の「それから」≫は、ここ(※)でお話させていただきました。


その彼が昨日私の事務所に遊びにきました。

天ぷら弁当持参です。

「千葉さん、お昼を一緒にしようよ。」

私、チラッと弁当を見て

「あれ、美味そうだね。」

エビ天に弱い私は、遠慮しません。

二人でパクパク。

「1年半前は(私の分まで弁当を買うなんて)考えられなかった。

やっと少し落ち着いたかなあ。

・・・・・・

引越してから、仕事の注文依頼は、本当に切れずに入ってきています。

同業者の友達はみんな仕事が少ないのに、有難いよ。」

取引先の業者が彼のアパートに訪ねてくると、決まって言う言葉は、

「ここに来たら何となく気分がいいなあ。前の家とは大違いだ。」

それを、何人からも聞いて、

非科学的な事象を全く信じない彼が首を傾げます。

彼が前向きの姿勢で頑張るので、空気まで前向きに明るくなって応援しているのでは、・・・。

頑張れ頑張れ!



競売の基本が学べるホームページ。

大きな損失を防ぐための小さな出費は必要経費!!