これまでのanさまの質問経過は、ここ(※)です。

◎anさまのコメントです

そうですね。

あとあと問題が起きると恐いので、やはりこのまま進めたいと思います。

昨日、債務者から連絡があり、物件を買い戻したいとの事ですが、現金を調達出来るとは到底思えないので、強制執行は続行のまま、様子を見る予定です。

どうなることやら・・です。


◎管理人の感想です。


anさま

コメント、ありがとうございます。

anさまも指摘されておりますが、今更買戻しは、無理でしょう。

時間を長引かせる為の口実です。

そんな話は無視して強制執行で処理する事です。

債務者の後ろで、執行妨害を企てている悪質な輩がおり、その者の指示で動いている感じがアリアリです。

それから、間違っても、買戻しの話の中で、ローンを組みたいから、などと懇願されて、売買契約書などは絶対に交わさないことです。

仮に、売買契約書を交わした場合、競売手続き内での強制執行はできなくなり、債務者を物件から出すためには、新たに訴訟を提起しなければいけなくなる可能性大です。

私でしたら、この手の債務者は、まともとは思えませんので、買戻しの話は一切拒絶して、強制執行で対応します。

任意の話合で合意に達したとしましても、後日、債務者或いはその関係筋がなにか難癖をつけてくるかもしれません。

強制執行で退去させた場合、後日、債務者等が難癖をつける場合の相手は、anさまではなく、国(=裁判所)となります。

頑張って下さい。







競売の基本が学べるホームページ。

大きな損失を防ぐための小さな出費は必要経費!!