今は昔のお話です。


家を失った。

仕事はない、

友達は去った、

家庭は崩壊して、

家族はもういない、

会話する相手がいない


田舎から出てきて

情熱を注いで造り上げたものが、

ぜ〜〜んぶ消えてしまった、

千葉さん、こんな時の気持ち、分る?


徹底的に暗く落ち込んでいる時に、

明るい歌、前向きな歌、力強い歌、

一見、やる気がでるような歌詞を聞いて、

元気をだせって?

励まされるって?

嘘だ!絶対嘘!

第一そんな唄は聞きたくないし、

・・・・・・・ ・・・・・・・  ・・・・・・・

・・・・・・・・だから聞かなかった。


もっともっと暗い唄を聞いて、

何日も何日もじっと聞いているうちに、

なにかが動くんだ。

生きる為のかすかなかすかな力?

みたいなものが一滴の何百分の一以下、

見えない位のシミ?芽?

心に沁み出るのかな。


今。


彼、私の事務所に、たま〜〜に遊びに来ます。

お茶菓子持参が多いです。

私が、

「おッ、これ高級だ」

彼は、上体をそらして、

力を込めて得意げに言います。

そうよ

まるで、安い菓子は口にあわない、

とでもいうような雰囲気で、ニヤっとします。



競売の基本が学べるホームページ。

大きな損失を防ぐための小さな出費は必要経費!!