差押えされた物件が市場受けのするよい物件ですと、

裁判所が物件の概要(=物件目録)を

配当要求終期の公告として公開した時点から

業者がワンサカ債務者兼所有者のもとに押し寄せます。
(以下、「債務者兼所有者」を「所有者」と短くまとめて、お話させて頂きます。)

DMでの勧誘であったり、社員が直接訪問したり。

そうして、いろんな提案をして、気をひきます。

それは、いろいろな知識・情報を所有者が吸収することにもなります。

それらの情報を基に、

所有者が耳学問でつくった頭の中の参考書は、ページ数が相当に分厚い量です。

でも、この参考書、どうもあまり所有者の為にならないこともあるようです。

情報提供者の宣伝用知識であり、

所有者の為を考慮した内容とは言い難いのもあります。

当然といえば当然ですが・・。


落札後、明渡の交渉を開始しようとしますと、

所有者の中には、駆引きをしてきたりする人がいます。

あきらかに、先の参考書か、誰かの入知恵が、所有者の言動を操っています。

こう言ったら落札者が困るだろう、あわてるだろう、そんな状況を仕掛けてきます。


そういう場合、私は、交渉を静かに打ち切ります。

そうして、粛々と強制執行の手続きをすすめます。

その途中で話合が成立する場合があります。

立退き料の金額は、当初より少ない額です。

これはペナルティというより、

余分にかかっってしまった費用は負担してもらう、という発想です。


そのくせ、駆引きなしにドーーーンとぶつかってこられて懇願されますと、

その正直さに負けて、

想定以上の金銭を提供してしまう事もあります。

こんなことしてたらダメですけどね、

まだまだ未熟!!

でも、この癖をなおすつもりは全くありません。



競売の基本が学べるホームページ。

大きな損失を防ぐための小さな出費は必要経費!!