開札結果をBIT(裁判所の競売のHP )でみます。


あれ、うちより低い入札価額が当選してる?

うちの入札はどうなったんだろう。

おかしいなあ。


たまに、こんな状況を経験された入札者がいるかもしれません。


入札書の記載方法に問題があったか、

振込金額が違っていたか、

或いは、

入札書の提出方法がちょっと問題、

それで、最高額での入札が無効になったのかもしれません。


入札書は、持参するのが一番確実。

次、郵送は書留か簡易書留。

普通郵便でもいいのですが、

私は、入札を普通郵便でする方の神経にはウ〜〜〜ン・・・・?????

まして、信託が認められているからといって、

民間の郵送手段を利用するなんて、

熟年ジジイの私などには、信じられない方法です。
(そういう方法に全く慣れていない、無知、というのが本当の理由です。)

実際、過日、その方法で入札したつもりが、

提出方法で入札者にちょっとした手違いがあったようで、

入札が無効になった事例がありました。

折角、最高額での入札で、

入札方法さえ間違っていなければ、らくらく当選できたのに、

もったいないなあ。


入札するまでのいろんな手続きや検討など、

費やした時間とエネルギーの集積を考慮すれば、

提出方法には充分に注意したいものです。





競売の基本が学べるホームページ。

大きな損失を防ぐための小さな出費は必要経費!!