平成26年の全国裁判所の落札件数をまとめてみました。→詳細はこちら
裁判所の競売のホームページhttp://bit.sikkou.jp/の「売却結果」を参考にしました。)

件数の多い順に10位までは以下の通りです。

 1、大阪府   1919件(内、戸建は1164件、マンションは 644件)
 2、東京都   1795件(内、戸建は 652件、マンションは1091件)
 3、神奈川県 1461件(内、戸建は 630件、マンションは 744件)
 4、埼玉県   1377件(内、戸建は 854件、マンションは 459件)
 5、茨城県   1142件(内、戸建は 685件、マンションは  67件)
 6、兵庫県   1141件(内、戸建は 646件、マンションは 381件)
 7、愛知県    989件(内、戸建は 512件、マンションは 349件)
 8、福岡県    912件(内、戸建は 509件、マンションは 273件)
 9、静岡県    725件(内、戸建は 441件、マンションは 125件)
10、栃木県    575件(内、戸建は 387件、マンションは  36件)

一戸建は、共同住宅や事務所、店舗もありますが、ほとんどがマイホームです。

マンションは、ワンルームもありますが、やはり、マイホームが大半です。


ここ数年の全国裁判所の合計の落札件数は以下の通りです。

ジイサマが老眼を駆使して、

計算機のキーをチョコチョコ触りながら集計しましたので、絶対正確とは言えません。

その辺はおおめにお願いします。

   平成26年  23968件→詳細はこちら   
   平成25年  30780件→詳細はこちら   
   平成24年  32833件→詳細はこちら   
   平成23年  36551件→詳細はこちら   


平成26年は、平成23年からみますと、落札件数は約35%減。

ここから何を読み取るのか、或いは何が読み取れるのか、

いろんな見方、考え方があると思います。

まあ、なんとなく見ていただければいいです。







競売の基本が学べるホームページ。

大きな損失を防ぐための小さな出費は必要経費!!