このブログでも、特別売却物件について、お話させていただきました。→こちら

これからのお話と重複する部分があります。

ご容赦ください。

特別売却物件は、一口で言えば、売残り物件です。

昔から、「残り物には福がある」なんて諺があります。

競売物件ではどうでしょう。

確かに特別売却物件で大儲けした業者さんはいました。

約10年前、私がタッチして大儲けの具体例はこちらです。


いまはどうでしょう。

売残りとなった理由は色々あります。

大まかには、次の理由が考えられます。

1、買受可能価額が高い。

2、物件に何らかの欠点(含む道路関係)があったり、占有関係で、問題がある。

3、物件を含む地域に何らかの問題がある場合。

4、良い物件なのに、プロの業者がうっかり見落とした場合。

最近、上記4は、恐らく非常に少ないでしょう。

一般の方が、特別売却物件を、チャンス、とばかり飛びつくのは如何なものかな、というのが私の感想です。

問題は2の場合です。

わけあり物件、アウトレッドの傾向が強いです。

これはいろんな事由が考えられます。

購入後、スムーズに使用できないトラブルが内在している可能性があります。

あるいは、使用できても、転売するとき、なかなか転売できない事由があったりします。

道路関係のトラブルは、銀行等のローンが使えない場合が多いです。


とにかく良く調べて下さい。

開札日、入札者がいないため、特別売却物件となる場合、その開始日まで数日あります。

その間に念入りに調べて下さい。


価額が安い、という1点だけに目を奪われて、とびつくことは危険です。

安いのに、業者がパスした物件です。

価額以外の問題がある、と疑ったほうがよいでしょう。

一般の方の失敗は、出費をおさえる?為、地元の不動産業者など専門家に相談しないで独力ですすめたケースが多いです。

落札後の相談を受けつつ、この相談者は、ちょっと専門家に相談していればこの物件の入札はしなかったろうなあ、と思う事がしばしばあります。

特別売却物件は、業者以外の一般の方は、安易に飛びつかない、慎重に、というのが私の結論です。






競売の基本が学べるホームページ。

大きな損失を防ぐための小さな出費は必要経費!!