裁判所の不動産競売物件・(物件調査・入札・明渡交渉・強制執行などの詳しいお話)・足と汗で掴んだ実践ノウハウです。


専門書には書かれていない、エンドユーザーの為の実践の知識・知恵・気配り、事務手続など、お話しています。

主に初心者の方対象のブログです。
競売以外の気楽なお話、人生模様も少々・・。
                    

比較的安心な物件を見分ける方法

一般の方が競売物件を選ぶ時の見方考え方についての私見です。

家族関係についての私見は、ここでお話させていただきました。


普通、不動産を購入する場合、業者が、売主か仲介業者として介在します。

事前に、

その物件に関わる法的環境を含めて、

重要事項説明書という書類が作成され、買主に説明されます。

その物件の一般的なマイナス点も説明されます。

普通は、住宅ローンが通らないような瑕疵物件は、紹介しません。


競売物件は、三点セットという資料が(重要事項説明書の代わりに?)公開されます。

ただし、説明してくれる人がいません。

ある程度の知識がありませんと、

どこを読んでいいのか、

どのように読んだらいいのか

読んでも、専門用語の羅列で、皆目意味がわからない、

まあ、裁判所が売るのだから、間違いは無いだろう、

そんな曖昧な理由で自分を納得させ、そして、落札。

そのあと、トラブルに巻きこまれて、

「しまった。」

こういうケースを聞くことがあります。


是非、三点セットを専門業者に見てもらって欲しいものです。

物件の見た感じが良いなあ、

これで、うっとり。

その他は、何も見えなくなる方がいます。


普通の物件でも、

金融機関が融資できないような欠陥物件は、パスした方が良いでしょう。

競売物件も、購入後転売する時は普通の物件です。

買い手がローン利用しようとする時、

ネックとなる欠陥を持った物件は止したほうがよいです。


1、再建築ができない物件

2、接面道路に問題がある物件。

3、その他、建築基準法違反の物件で、是正不可の物件。


これらは、三点セットのうち、評価書の「特記事項」欄に記載されているのが普通です。。

更に、物件明細書「5 その他買受けの参考となる事項」欄に記載して、

注意を促している裁判所は多いですが、

全く記載せず、知らん振りのところもあるようです。

物件明細書に何も記載がないから安心、ではありません。


エンドユーザーの方は、記載内容に疑問を持ったら、

できれば、三点セットを持って、

市区町村役所に行ってください。


物件の場所を具体的に示して、

道路がどんな種類か、

再建築は可能かどうか、

再建築可能の場合は、どの位の規模が建つのか

聞いてください。


分らない専門用語も、即、聞くことです。

高価な高価な不動産を検討されるのです。

「?」の部分は残さないで下さい。

ただし、自宅隣接地の場合は、この限りではありません。

それと、このお話の前の大前提があります。

住宅選びは、まず日当たりの良さが選択基準のトップ、

と管理人は信じています。


。。。。。。。。。。

今年最後のブログとなりました。

お立寄り頂きました方々には、心から感謝致します。

多少でも参考になっていれば、とても嬉しいです。

来年のブログは、まだネタが浮かびませんが、

1月半ばには、お話を開始できれば、と思っております。

過去と似たネタの場合、過去記事は削除、

私なりの別の視点を交えてお話させて頂くつもりです。


。。。。。。。。。。

どうか、良いお年をお迎え下さい。

ご購読、本当にありがとうございました。

そうして、来年もお越しをお待ち致します。
。。。。。。。。。。




競売の基本が学べるホームページ。

大きな損失を防ぐための小さな出費は必要経費!!

明渡交渉と家族構成についての印象です。


(債務者限定ですが)
家族構成によって、明渡交渉に以下の傾向を感じます。

家族がいる場合、円満な話合で明渡交渉が成立する場合が多いです。

最初、話合いに応じない場合でも、強制執行の第一段階「催告」後は大抵応じてきます。

高齢者や子供がいて、強制執行される訳にはいかないでしょう。

大体、交渉の主導権を握っているのはご婦人です。

この時点では、既に前向き、バリバリ働いています。

立ち直れずグッタリしている夫を脇目に見ながら・・。


女性の独り住まいの場合は、最初自分にだけ都合のよい発想をする方が偶にいます。

私も若いころ、振り回された経験があります。

その分、余分な時間を浪費してしまいました。

ただ、その後の明渡交渉の良い勉強をさせて貰ったと思っています。


男性の独り住まいの場合、どうも常識から外れた方がたまぁぁぁ〜〜〜におります。

友人業者の実例です。

1、強制執行!上等だ!やれるものならやってみろ、と居直り、数時間の強制執行で出された商店主。

2、交渉には一切応じず、強制執行に行った執行官にスコップを持って殴りかかって来、1時間後、警察に連行された独身男。

3、交渉には一切口をきかず、何度目かの訪問時、首を吊っていた債務者。


私の大雑把な印象です。

女性は、自分を含め家族の将来を見すえています。
(というより、ひたすら今を生き切る、という感覚のようですが。)

男性の極々一部の方ですが、将来を見捨てています。

それまで費消したエネルギーの総価に潰されています。

自殺者で、男性が圧倒的に多いのも頷けます。

競売に限らず、土壇場に立った時、女性は強い・・・!!!・・・ですね。



競売の基本が学べるホームページ。

大きな損失を防ぐための小さな出費は必要経費!!
ランキング参加中です。

人気ブログランキングへ


 ↑  ↑  ↑  ↑

ここにマウスをポン!!

押して貰うと感謝です。
最新記事
いらっしゃいませ!
ご訪問、感謝致します。


このブログは、
初めて競売物件に
興味・関心を持った方が
失敗・損をしないよう、
願いを込めながら、
真剣につくってます。

管理人の、
おせっかいと取越苦労、
そのお話を詰込みました。

競売絡みの感想,
感動したお話、
普通の日記・・等々

誰にも、もっと分りやすく、

を念頭にお話していきます。


ただし、あくまで、
管理人の経験と私見です。
ひとつの参考として、
覘いて下さい。



是非、又お越し下さい。
お待ち致しております。

ありがとうございました。

管理人 千葉 重雄



記事検索
コメント欄での広告お断り。
この欄での、

広告宣伝はお断り致します。

掲載は致しません。

悪しからずご了承下さい。
コメント、ありがとうございます。。
非公開、管理人へのメッセージ
管理人の考え方


chiba30

慎重にして慎重。
細心にして細心。

小心と言う人がいます。
若い頃はちょっと不愉快。

今は、
「小心」大いに結構。

猪突猛進は、大怪我のもと。
下手をしたら、命とり。
競売には「小心」が一番。

この頃、
自分が選んだのではなく、
神様がくれたこの性格に
心から感謝しています。

本当にありがとう!!

http://www.keibai.co.jp



管理人のこと


管理人 千葉 重雄 

トラブル嫌いです。

トラブルどんと来い、
そういう強気の業者さん、
たいてい
いつの間にか
姿を見せなくなってます。

無事故をめざしつつ、
慎重に、慎重に
約40年近く競売業務に従事。
でも、
多少のトラブルを経験しました。
残念ながら!!!

不動産コンサルテイングマスター
(5)第14994号

宅地建物取引士
(東京)第016382号

042-748-1876
e224@nifty.com


全国裁判所情報
とても嬉しいです。

このグロブが、学研の

最新人気ブログランキング200

に取り上げて頂きました。

嬉しいです。
感謝でいっぱいです。

ありがとうございます。


ご協力に感謝・感謝です。
  • ライブドアブログ